2009年12月4日金曜日

メタボリック、肥満


太りたくない!

異常肥満とその治療


中国医学における異常肥満というのは、
「年齢からみてても明らかに太りすぎている」場合をいい、
漢方薬を服用することによって、その人の身体が年齢に応じた身体になっていくことを意味しており、肥満でもない健康体を、自分のやせたいだけやせさせる、ということではありません。


というのは異常肥満でもない身体を、異常やせまで体重を減らしていこうとする今の風潮に対して、十分な注意が必要であります。

異常肥満の原因は、「湿邪」がひどいか「実証」がひどいのであるから「湿邪」と「実証」を治していく方剤を用います。

日本において異常肥満によく使われる方剤には、体質別に以下の方剤があります。

体質 よく使われる薬 番号


燥熱実タイプの人 防風通聖散 62
湿熱実タイプの人 防風通聖散 62
燥熱虚タイプの人 葛根ゴン連湯  
湿熱虚タイプの人 五苓散 17
燥寒実タイプの人 葛根湯 1
湿寒実タイプの人 葛根湯 1
燥寒虚タイプの人 葛根湯 1
湿寒虚タイプの人 防己黄耆湯 20


薬を注文する

相談する
電話:092-831-6237
メール:kannpo@ray.ocn.ne.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿